理想の状態を長く続けられる大阪でする二重整形手術とは

SITEMAP

Double surgery

二重整形知っておきたい事

女性

大阪での二重整形の方法には【埋没法】と【切開法】があります。
埋没法はまぶたに糸を通して二重を作る手術です。痛みや腫れは意外と少なく、手術の時間が短くすむ方法です。また、術後に下の瞼に戻す事も可能な術後です。一般にはプチ整形と呼ばれていて、チャレンジしやすい方法ですね。ダウンタイムも短いので周りにばれづらい方法とも言えます。大阪での二重整形費用は6万前後が平均のようです。
切開法は、埋没法よりも強度が強い取れにくい二重にできることです。内出血や腫れなどのダウンタイムが長い事とがデメリットですが、糸が切れたりする心配もなく、二重がとれにくいので、何度も埋没方を行っている方や糸を瞼に入れるのが不安な方は切開法の方が安心といえるかもしれないですね。費用は25万円前後が平均の様です。
いずれの方法にしても、瞼の状態や大阪のクリニックによって費用に差が出やる事はあります。自分の顔の事なので、費用の安い、高いに関わらず、しっかりとカウンセリングしてくれてリスクや、手術法、アフターケアも含めて納得の出来る大阪の二重整形のクリニックを選ぶ事が大切です。
ダウンタイムも長い場合だと腫れが引くまでに時間がかかったり、コンタクトが使用できないなどの不便もあるので、十分に休暇の取れる状態での手術をお勧めします。

理没方と切開法のメリット&デメリット

大阪の二重整形手術には、埋没法「切らない」方法と、切開法「切る」方法の2つあります。
埋没法のメリット施術が短時間(15分~30分程度)で腫れが比較的に少なく終わり、5日程でメイク可能になります。気に入らなかったら糸を外せば元に戻ります。大阪では施術料が安価(両目2点留めで10万円程度)となっています。
埋没法のデメリットは瞼に脂肪が多い人は糸が切れると元に戻ってしまい不向きです。
「取れない二重整形」はこの切開法になります。
切開法のメリットは二重のラインが絶対取れません。瞼が厚く埋没法が出来ない人もくっきり二重がつくれ、自分で好きな幅を自由に決められるので外国人のような超幅広二重も可能になります。
切開法のデメリットは施術に時間がかってしまう(最低60分~)で、とても赤く紫色に腫れます。2回くらいの通院と抜糸が必要で、術後1週間程は目元が洗えません。二重ラインが定着するまで約2カ月~1年程かかります。
痛みについては施術中は麻酔で術後も痛み止め等が処方されるので心配しなくても大丈夫です。ただ「切る」手術なのでアフターケアは、埋没法に比べたら負担が大きくなってしまい、かなり腫れるのと、腫れの期間が長いので、会社でお休みの取りにくい人には不向きです。
大阪で手軽に二重整形できコスパが良いのが埋没法で、覚悟を決めて二重整形をやるのが切開法、といったところでしょうか。

人の印象を大きく変える目を二重整形する

二重整形というと、メスを使うの?失敗したらどうなるんだろう?と、不安を感じる大阪の女性が多いのです。一方で、コンプレックスを抱え、人前に出るのも嫌だ、人の目を見て話すのも嫌だという人もいますね。そのコンプレックスを解決させるには、整形しかないという女性もいるのです。
特に顔の整形には慎重になる人は多いですが、その中でも目は比較的症例が多い部分です。何故かというと、目は口ほどにものを言うというほど、人に大きく印象を残す部分です。そのため目のコンプレックスを改善さえ、人に良い印象を持ってほしいと思う大阪の人が多いのです。
しかし、一重から二重整形をする時に、メスを使用するのは心配ですよね?でも安心してください。メスを使用しない方法もあるのです。これをプチ整形と呼ぶこともあります。また目は症例数が多い分、いろいろな研究がされ、手術方法が開発されており、目のタイプにあった方法で整形をすることが出来るのです。
例えばかわいい系の二重、クールな感じの二重も選ぶことができます。また腫れづらい二重整形の方法や離れた目を改善さえるための目頭切開を加えて二重の方法もあるのです。
これを実践するときには、シュミレーションなどを行ってどのタイプにするか決めていきます。基本的に一重から二重に変更すると、目が柔らかな印象になることから、大阪で二重整形は人気のある整形の1つです。


目の大きな女の子になりたいという願望があるのなら、二重整形を大阪でしてみませんか。大阪のコムロ美容クリニックでは二重整形が行えます。二重になれば一気に目の印象だけでなく全体がガラッと変わりますので、イメチェンを考えている方にもおすすめですね。

POST LIST

LATEST RECENT

TOP