理想の状態を長く続けられる大阪でする二重整形手術とは

SITEMAP

Double surgery

埋没法による二重整形の特徴

大阪で自然な仕上がりの二重整形をしたい方におすすめなのが埋没法による二重整形です。これはまぶたの下にある皮膚内に微細な特殊糸を埋没させることによって二重まぶたを形成する施術方法です。埋没させた糸がまぶたの筋肉と皮膚を連結させるので、まばたきする際に二重のラインを作りだします。
この二重整形の施術方法の最大の魅力は手軽さにあります。治療時間は平均10~15分程度で施術後に抜糸をする必要がないので、入院や通院をせずに日帰りで施術を受けることが可能です。更に施術後のまぶたの腫れもほとんどなく、傷跡も小さいので術後2~6ヵ月もすればほぼ施術前と同様の見た目に戻ることができます。施術後の二重のラインや幅などに満足できない場合はすぐに大阪で修正してもらうこともできます。
ただし次のようなデメリットも存在します。それは将来的には一重の状態に戻ってしまう可能性が高いということです。最も一般的でリーズナブルな埋没法の種類である一点留めでは、大体5年後には施術を受けた約半数以上の人が一重に元に戻ったという報告もあります。更に大阪で施術を受けて二重になっても時間の経過とともに重力によって幅が狭くなったり、糸が内側から出てきてしまって、ゴロゴロとした違和感や眼球を傷つけたりするケースもあります。

LATEST RECENT

TOP